世界をめぐる旅日記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキング


↑応援してもらえると励みになります。
1日1回クリックをお願いします!
2008年11月11日


昨日とはうって変わって、晴天。霧も晴れた~!!!
今日帰るなんて残念でしょうがない。
静かで、人も少なく、樹木の素晴らしい生命力を肌で感じられ、
人も素敵だし、ロッジも最高だし。
もし次回、があるならば、ここだけ来てもいいと思えるくらい最高。


IMGP3965.jpg


【グラント将軍の木】

この太さ!!!3番目に大きいそうだけど、シャーマン将軍よりも大きく感じる。
大きさは体積で測るらしいから、実際の大きさと感じ方は違うのかもしれない。
”アメリカのクリスマスツリー”とも呼ばれ、クリスマスにはイルミネーションが
すごいらしいが、冬にはさすがに、雪深くてなかなか行けない場所だろう。。。


IMGP3966.jpg


天を仰いで、思わずため息。立派だ~


IMGP3975.jpg


グラント将軍の木の近くには、再びトンネル。今度は、歩いて縦に通れるトンネル。


IMGP3980.jpg


屈まなくても通れる、さすがセコイアは大きい。
感動を言葉で表現するのはとても難しいが、
写真では伝えきれない・・・そんな景色が広がっていた。
ヨセミテは、正直写真通りの場所。
セコイアのすごさは、写真では到底伝えきれない。
ヨセミテのついで、ではなく、ぜひぜひ行って感じてもらいたい。


ギフトショップで、思わずジャイアントセコイアの苗を買ってしまった。
代々受け継いで、何千年後かには、大きく成長しているだろうか。

人気ブログランキング


↑応援してもらえると励みになります。
1日1回クリックをお願いします!
スポンサーサイト
2008年11月10日


Oakhurstを朝出発し、今日はセコイア&キングス・キャニオンへ。
昨日感動したセコイアの木が、たくさん見られるところ。
車で2時間ほど走り、山を登っていくと、次第に霧が。。。
雪も、ヨセミテよりもずっと多かった。チェーンを準備するように、との標識あり。
持ってないけど、行けるところまではつっこんでみよう。。。
(マネしないで下さいね)


DSCF8158.jpg


visitor centerで入場料20㌦を払う。宿のチェックインは16時なのと、
今後の天気が分からないので、なるべく今日中に周ることにする。
行ってみると、道は除雪されていて、大丈夫そう。


DSCF8162.jpg


道中、こんな景色が続く。急にクリスマスになった気分^^


IMGP3894.jpg

【トンネル・ログ(Tunnel Log)】


倒れたセコイアを削って、車が通れるようにしたそうです。
木がいかに大きいか、わかりますよね。
着いたとき、貸切でした!ラッキーv^^


せっかくなので、そのちょっと奥のクレセン・ミドウ(Crescent Meadow)まで行く。
季節がよければ、散歩するには最高の場所だが、雪で真っ白。
再びトンネル・ログを通り、来た道を戻りつつ、次のポイントへ。


IMGP3922.jpg


【バットレス・ツリー(Buttress Tree)】


音もなく倒れた、とのこと。今でも静かに横たわっています。


その後、オート・ログ(Auto Log)へ。
昔、上を車が通れるようにと木を削ったらしいが、雪でちょっと分かりにくかった。
個人的には、トンネル・ログの方が面白く、感動的。


IMGP3948.jpg

【シャーマン将軍の木(General Sherman Tree)】


地球上でもっとも大きな木であると同時に、もっとも大きな生命体である。
樹齢はなんと、およそ2200年!!!スゴイとしか言いようがない。
ただ、柵があって近づけないのが残念。。。


ここセコイア国立公園には、名前の付く木がいくつかあるが、名前がない木も、立派で感動。
ドライブするだけで、物語の世界に迷い込んだような気分。


Crystal Caveは残念ながら、10月中旬で閉まったようで入れなかったが、
まぁ雪のセコイアが見られたので、よしとしよう。


DSCF8166.jpg

今晩は、公園内にあるJohn Muir Lodgeに宿泊。
80㌦弱と高くないのと、オンラインシステムがしっかりしていたことで予約。
簡易的な山小屋を想像していたら、部屋は素敵で、バスタブもある。
みんなの集まる場所には暖炉があり、暖炉を囲んでワインを飲んだり、
パズルをしたり、ゲームをしたり、思い思いに楽しんでいる。
シーズン的に人は少ないが、子供連れが多く、我が息子も、
他の家の子と遊び、楽しい時間を過ごした。


冬だからクマは冬眠中かなと思ったが、宿に入るときには、
食べ物は全て車に残さないように!と言われた。温暖化で、こんな時期にも
出るのかもしれない。それにしても、会わなくてよかった。


夕食は、1ヶ所しかないビジターセンター横のレストランに食べに行く。
宿からも車で1分くらいのところなので、便利。
スープと鱒を頼んだが、スープが最高に美味しかった♪

人気ブログランキング


↑応援してもらえると励みになります。
1日1回クリックをお願いします!
2008年11月9日


ヨセミテ2日目は、残念ながら夜から朝にかけて雨。
朝焼けは諦め、宿でのんびり朝食を食べることに。
今回の宿、Americas Best Value Innに泊まるのは今回で3回目。
場所によってだいぶ違いがあり、朝食はあったりなかったり。
全然期待していなかったが、今回は豪華!


DSCF8125.jpgDSCF8126.jpg
               DSCF8128.jpg


パンありワッフルありで、トースターがあるので焼いて食べられるし、
シリアルも種類が豊富。単純だけど、お腹がいっぱいになれば、気持ちもホクホク。
インターネットもつながるし、とてもよかった。


DSCF8130.jpg


雨がやみ、朝食後出発。一晩で、この景色!
公園内に泊まっていたら、かなり冷えたでしょう。


DSCF8131.jpg


トンネルビューからの景色、ハーフドームは雲の中。。。


ヨセミテは、それぞれの人が思い思いに楽しんでいる。ハイキング、キャンプ、釣り、乗馬・・・
気になったところで車を止め、のんびり歩く。
そんな感じで、みんなヨセミテを、個々の過ごし方で満喫していた。


DSCF8143.jpg


そして、ヨセミテは、クライミングのメッカ。
クライマーが続々と来て登っていた。駐車場から壁まで歩いて2,3分。
世界遺産のヨセミテ、さすがに、壁を傷つけない方法で登っているようだ。
久々に登りたくなってくる。。。


その後、セコイア(アメリカ杉)の樹林帯、Mariposa Groveへ。


IMGP3846.jpg


駐車場に着いた時から、どきどきする景色だったが、遊歩道を歩き始めすぐにこの景色。
倒れたセコイアの根元付近。手を広げてもこの大きさ!!!


IMGP3857.jpg


『フォーレン・モナーク』 長さも、半端じゃない。
セコイアの根は、地下2メートル以内と深くない代わりに、水を吸収するため、
45メートルの広さに伸び、この太い幹を支えているんだとか。


IMGP3864.jpg


しばらく歩くと、今度は『グリズリー・ジャイアント』という、マリポサ樹林の中で、一番大きな木。
推定樹齢はなんと、1800年!直径2メートルもあり、あまりの大きさに驚く。


その先には、『カリフォルニア・トンネル』があり、昔、馬車で通過できるようにと、
木に穴が開けられている。


IMGP3879.jpg


この先にも、もう少し固有名詞のある木があり、wawonaのトンネルツリーまで
歩けるようになっているが、雨のため、残念ながらここで引き返すことに。
それにしても、大きくて、揺るぎのない、存在感のある大きな木。
神聖な空気と、太古の樹の発する厳かさを感じ、心が洗われるようだ。
ヨセミテ国立公園の中で、正直ここが一番感動した。

人気ブログランキング


↑応援してもらえると励みになります。
1日1回クリックをお願いします!
2008年11月8日

Fresnoからヨセミテ国立公園までは1時間ほど。
Soutu Entranceで、入園料20㌦を払う。1週間有効なので、
公園外に泊まっても、出入りは自由。ゲートは24時間開いているし。
Wawonaのガソリンスタンドが最後、と聞いていたが、冬季はクローズ。


公園内は、入ってみると、とにかく広い。
どこまで走ればいいのだーーーー。
途中、山火事らしき現場を発見したが、これは山火事じゃなくて、
山火事が大きくならないように、わざと古い木を燃やしたりしていたらしい。
なるほど、やけにみんな、のんびりしていたわけだ^^;

IMGP3791.jpg

トンネルビューの手前で、ついにハーフドームとご対面。
写真で見ていた通りの景色だ!
ネットで調べていたときに、ここにハーフドームがあるはず!と
曇っていて見えなかったページを見ていたので、見られてラッキー。


IMGP3808.jpg

その後、味のあるトンネルを抜けると・・・


IMGP3803.jpg

ヨセミテ全体を一望できる!
本当は、グレイシャーポイントが最高のビューポイントらしいが、
冬季は、グレイシャーポイントロードが封鎖。
冬には、ここが一番よく見えるポイントらしい。
左に世界最大の一枚岩、エル・キャピタン。真ん中にハーフドーム。
そして、見られないと思っていたブライダルベール滝も右に!
エル・キャピタンはつい先日、平山ユージが自分の記録を更に更新し、
2時間37分とかで登ったらしい。。。スゴイなぁ。。。


IMGP3813.jpg


少し進むと、滝まで歩ける歩道がある。
見られないと思っていた滝まで見られて大満足。


IMGP3822.jpg


昼は、curry villageでピザ。季節的に、フード・パビリオンや、
レストランがほとんど閉まっていた。人はそこそこいるのになぁ。
その後天気が崩れてきたので、早めに公園をあとに。


今晩はOakhurstに宿泊。公園入口まで20,30分と近いし、
標高が高くないから寒くないし、ガソリンスタンドはあるし、
普通にVONSとか食べるところもあり、落ち着ける。
夕飯は、OKAという日本食屋で久々のお寿司♪現地の人がいっぱいでにぎわっていて、
寿司コンボと炒飯で30㌦ほど。安くはないけど、なかなか美味しかった。


本当は国立公園内に泊まることも考えていた。
老舗のAhwahnee hotelは、1泊500㌦。。。あっという間に満室になるらしい。
今回は空室があったけど、さすがに高い^^;;;
次の選択肢は、テント。赤ちゃん連れなので、ノンヒーターはムリとして、
ヒーター付きテントも味があっていいかなと思ったが、冷え込む気がして却下。
で、今回公園の外のOakhurstに泊まったわけだが、結果として、
朝焼けを見たりするには、そこそこ距離があるけれど、冬の時期、
公園内で食べるところがあまりないことを考えると、外に泊まってよかったなと思った。
キャンプをするつもりで行けばいいだろうけど、観光の一環だとちょっとツライかも。

人気ブログランキング


↑応援してもらえると励みになります。
1日1回クリックをお願いします!
2008年11月7日

金曜日の14時にサンディエゴを出発。
とりあえずFresnoという街に向かう。
ひたすら5号線を北上。
5時間で到着するはずが、大渋滞で、
19時到着予定が、いったんは21時過ぎ?!
と思われたが、無事20時ちょっと過ぎに到着。


今回の目的地はヨセミテ国立公園。
世界遺産でもあるヨセミテ。
タイオガロードとグレイシャーポイントロードはすでに
降雪のため閉鎖という情報。
予報では天気は、明日少し崩れるけれど、雪ではなく雨。
最低気温は氷点下で、寒そう。。。


すごく行きたかったヨセミテだけど、普通車で行くにはギリギリの時期。
Fresnoは、そのヨセミテまであと1時間の場所。
楽しみだぁ~*^^*


ガソリンスタンドもあり、モーテルも密集していて、
食べるにも、ファーストフードにファミレスがあり、便利な場所。
泊まったモーテル6は一番安かったけど、朝食は付いていないし、
インターネットはつながるけど2㌦。バスタブがあったのは良かったけど、
実際のところ、いろいろ考慮しても1番安かったかどうかは、微妙。
中継地としては、なかなか悪くない!

人気ブログランキング


↑応援してもらえると励みになります。
1日1回クリックをお願いします!
2008年11月7日~11日

1日目 San diego→Fresno Fresno泊
2日目 ヨセミテ観光(yosemite valley)Oakhurst泊
3日目 ヨセミテ観光(mariposa grove)Oakhurst泊
4日目 セコイア&キングスキャニオン観光 公園内泊
5日目 セコイア&キングスキャニオン観光 →San diego


元々、9月に予定していたヨセミテ。
体調不良で延期にしたものの、やっぱり行きたい!
しかも、セコイア&キングスキャニオンが気になる!
可能性があるとすれば、ベテランズデーしかないが、気になるのは雪。
11月はすでに冬季で、降雪後は、道が閉鎖されるし、
チェーン規制もされる。。。ということで、直前まで天気をチェック。


レンタカーを予約した日に、なんとタイオガロードとグレイシャーポイントロードが
閉鎖された、との情報を入手。ガーーーン
でも、それと同時に、チェーンが必要になった場合、
装着をヘルプしてくれる人が現れたり、持っていなければ売ってくれる。
また、wawona辺りのガソリンスタンドでレンタルできる!との心強い情報を得て、
つっこむことに。ダメだったら引き返そう。
ヨセミテだけなら、サンフランシスコからアムトラックとバスを乗り継いでも
可能だが、セコイア&キングスキャニオンは車でないと不可能なので。


少々不安な中、出発!

人気ブログランキング


↑応援してもらえると励みになります。
1日1回クリックをお願いします!
2007年9月18日

4日目

IMGP1418.jpg


ハノイに戻ってきた。そして、ここは・・・!水上人形劇場。
テレビでやっているのを見たことがあって、見てみたかった。
宿でチケットを頼んでいたのだが、前列の真ん中。
めちゃめちゃいい席だった。
後ろを見てみると、地元らしい人もけっこういる。時間にはほぼ満席に。


IMGP1423.jpg

ベトナムの伝統音楽の演奏と、伝統の独特の歌から舞台は始まる。


IMGP1424.jpg

劇はベトナム語だが、言葉が分からなくても、分かりやすい。
花火を使ったりと、かなり派手。


IMGP1426.jpg

ベトナムの農民生活の一部を再現した感じの場面が多い。
日本人や、アジア人には見ていて、懐かしい感じ。


IMGP1427.jpg

ハノイに行ったら、ぜひ見てもらいたいなと思う伝統芸能。
今日が、ベトナム最後の夜、明日にはホーチミンに戻り、帰国となる。


ハロン湾、景色も素晴らしかったが、やっぱりあのシャコ!!!
水上フィッシュマーケットは、ぜひ試してもらいたい。


お腹もベビーも含め3人、無事帰国となりました。

人気ブログランキング


↑応援してもらえると励みになります。
1日1回クリックをお願いします!
2007年9月17日

3日目

今回の旅最大の目的、ハロン湾観光!

IMGP1339.jpg

大小3000もの奇岩、島々が存在し、世界自然遺産にも登録されている。
港には、船がぎゅうぎゅう詰めになって、停泊している。
私たちの船はというと・・・
貸切でした^^


IMGP1344.jpg

地元の昔ながらの船も通り過ぎていく。


ハロン湾ツアーは、いくつかの島に上陸し、
鍾乳洞を見たり、丘に登ったり、船での時間を楽しんだりする。


IMGP1356.jpg

鍾乳洞。日本とは明らかに違うライトアップの色。。。


IMGP1360.jpg

なかなか大きく立派な鍾乳洞。
涼しくて生き返る。


IMGP1370.jpg

そして、この景色。
中国の桂林と、とてもよく似ている。
あのときは真冬で寒かったけど。。。
水墨画に描かれそうな、情緒ある景色。


IMGP1376.jpg

とてもよかったのが、この水上のフィッシュマーケット。
ここで買うと、船で調理してくれる。


IMGP1379.jpg

シャコを2匹頼んでみる。かなり粋がいい。


IMGP1410.jpg

そのシャコ。こんなデカイ。そして、、、うまい!!!
過去食べた中で、一番最高のシャコだった。


IMGP1409.jpg

船でのランチ、めちゃめちゃ美味しくて、でも2人で食べきれず。。。ゴメンナサイ
でも、ホントにホントに美味しかった。


IMGP1390.jpg

そして、あとはのんびり、この景色を楽しむ。
ここで、真珠のネックレスを購入。
いろいろよくしてくれたし、けっこう値切って、記念に。
実は、その後、かなり重宝してます^^

人気ブログランキング


↑応援してもらえると励みになります。
1日1回クリックをお願いします!
ハノイからハロン湾までは、列車で移動する。

IMGP1279.jpg


ハノイB駅から、ハイフォンまで列車。

IMGP1283.jpg

列車の中はこんな感じ。
硬いイスに、一応扇風機が付いているが、
私たちの席のところは、壊れていて暑い暑い。。。


IMGP1297.jpg

そして、ハイフォン駅に到着!
ちょっと歩いて港に行き、そこからフェリーのつもりが、
なんとフェリーが運航していなかった(>_<)
結局、バスでハロン湾まで。
そして、バスターミナルからホテルまではタクシーと、
いろいろ乗り換え、やっと到着。
ちょっと雰囲気が変わって、リゾートな感じ。

IMGP1307.jpg

この橋を渡って、島の方へ行ってみることに。
この橋は、日本の協力があって出来たんだとか。


IMGP1326.jpg

フィッシュマーケットに・・・

IMGP1323.jpg

野菜のマーケット!
こういう場所は、活気があって大好き♪


IMGP1308.jpg

そして、橋からの景色がまた最高。
明日のハロン湾観光が楽しみだ。

人気ブログランキング


↑応援してもらえると励みになります。
1日1回クリックをお願いします!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。