世界をめぐる旅日記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキング


↑応援してもらえると励みになります。
1日1回クリックをお願いします!
2008年11月30日


結局日も暮れた18時半頃にリオ・デュルセに到着。こんな時に客引きは助かる。ここいいね、と言っていた宿だった。共同シャワーで1バンガロー30㌦と言われたが、赤ちゃん連れのため、部屋にシャワー付き40㌦で即決め!なんと、川の上にある宿!ボートでお迎えが来る。時間があれば、カヌーもタダで出来るそう。

宿に着くと、やり手な女性オーナーがいて、英語のネイティブ。アメリカ人なのかな?宿にも欧米人がたくさん。なんだか、皆さんリッチな雰囲気です。40㌦でバンガロー1つ私たちのもの!部屋に入ると・・・

IMGP4170.jpg

さすが、女性オーナーだな、という感じの、細かいところまで行き届いたセンス。食事も、そこにレストランがあり、席から見えるキッチンで、自信を感じさせるだけあり、味もよかった。この後面白いことが・・・。ここで食事をしていたオーナーが、おやすみ、と言って、船着場へ向かったのです。オーナーはボートで別のところへ行くのかと思いきや、なんと、ボートは出発せず。つまり、ボートで寝るんです!!!ここはカリブ海とつながっているので、カリブ海からクルージングする人が多く、皆さん自家用ボートで来て、ボートで寝ていたのだ。リオ・デュルセは、想像もしてなかったリゾート地だった。

IMGP4188.jpg

【送迎のボート】

IMGP4185.jpg

これが、川の上にある、今回の宿、Tortugal。http://www.tortugal.com/
全然予定には入っていなかったのに、素晴らしくよかった。遺跡やジャングルの合間に、癒され、潤う。

人気ブログランキング


↑応援してもらえると励みになります。
1日1回クリックをお願いします!
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。