世界をめぐる旅日記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキング


↑応援してもらえると励みになります。
1日1回クリックをお願いします!
2006年3月26日
7日目


いよいよ、最後のお楽しみ、ナスカの地上絵だ。
リマの空港から、セスナで飛ぶ。
小さいセスナで、アメリカ人がほとんど、
全部で10人ほどだった。


ranrantravel025_1.jpg


最初に見えてくるのは、矢印や川の跡だ。
矢印はなんかの方向を指していると
聞いた気もするが、忘れてしまった^^;
この矢印、なんと50kmにもおよぶとか!!!


そして、おぉぉぉぉぉーーーー
出てくる出てくる!!!


ranrantravel035.jpg


サル!!!


ranrantravel031.jpg


宇宙飛行士!!!


他にも、ハチドリに、木に、コンドルに・・・!


セスナは、右に見えれば、
今度は左の席の人にも見えるよう、
旋回してくれる。
これが、有りがたいが、
めちゃめちゃ吐きそう^^;
あぁ、湧き上がる感動と共に、
胃からも湧き上がりそう・・・^^;;;


セスナから降りるも、カレが降りてこない。
写真をがんばってくれたカレは、
すでに死にかけだった^^;
ごくろうさん。


およそ45分間のフライトで、
セスナはイカに到着。


ちっちゃな飛行場から、バスで移動。
イカ考古学博物館に行ったり、
ワカティナ湖を散策したりする。
巨大な砂丘があり、その麓には、
ヤシの木に囲まれた静かな湖があって、
オアシスだなぁって雰囲気。


イカ考古学博物館は、この旅行の直前に、
日本で、国立科学博物館でやっていた
ナスカ展に行って見たような感じだったけれど、
貴重を言われてたものが、当たり前のようにあり、
さすが、現地はスゴイなぁと感動。


ツアーは、ここでのビュッフェも付いていて、
バーベキューなどを楽しめる。
まさしくオアシスの雰囲気を楽しみ、
再びセスナへ。
今度は旋回しないので、大丈夫^^


あぁ、地上絵、感動的でした☆


リマは今日で最後。
海辺のミラ・フローレス地区へ行き、
最後の晩餐。
太平洋を見ながら、
セビッチェを食べる。
あぁ、夢のような日々でした。


民族色が濃く、旅も濃厚でした。
念願のペルー、行けてよかった!
スポンサーサイト

人気ブログランキング


↑応援してもらえると励みになります。
1日1回クリックをお願いします!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ranrantravel.blog33.fc2.com/tb.php/15-11b92817
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。