世界をめぐる旅日記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキング


↑応援してもらえると励みになります。
1日1回クリックをお願いします!
DSCF8311.jpg


2008年11月28日


本当は朝4時にアンティグアを出発し、国境を越えコパン遺跡を見たあと、再びグアテマラに戻りキリグアに泊まるという予定だった。ところが、生まれて一度も体調を崩したことのない息子が、前の晩、突然吐いた。アメリカに直帰も考えたが、飛行機がマイアミ経由で2日がかり。結局、治安や環境の良く、移動も許容範囲のキリグアに移動。コパン遺跡は断念。


車で5時間、キリグアの小さな村に着いた。宿の前まで車が入れないので、キリグアの村に着いて、
そこから少し歩く。その道中、牛がいたり、鶏が歩いていたり。オーナーのマサキさんが出迎えてくれた。オシャレで、かつ落ち着いた清潔感のある部屋で中庭に面していて、部屋の前にはハンモック。


DSCF8331.jpg

【各部屋の前にハンモック♪】

IMGP4044.jpg

【部屋はシンプルで素敵☆】

IMGP4045.jpg

【お風呂は外の光を取り込んでいる】

そして、

IMGP4052.jpg

【キッチン】

とても素敵な味のあるキッチンだったので、ちょっと紹介♪これは、一般的なキリグアのキッチンだそうだ。本当はこれが外にあるらしいが。かまどが2つあり、火加減を見たり体に付かないように、火の口は向かい合わせになっている。もちろん、ガスじゃなく、薪で火を起こす。

IMGP4058.jpg

【いい味を出している】

そしてこれ!

IMGP4059.jpg

奥にある石のお皿のようなもの、マヤの時代から使われる、カカオ豆を挽くものだそう。今は簡単だからと、手前の金属の物で挽く人も多いそうだが。この奥のものは、料理の手伝いをしてくれるお隣さんのおばあさんが使っていたものらしく、長い年月使われてきて、いい味を出していた。


ここを見るだけでも価値のありそうな、キリグアの宿、ポサダ・デ・キリグア。ぜひキリグアへ行くことがあれば、オーナーのマサキさんに会ってもらいたい!
スポンサーサイト

人気ブログランキング


↑応援してもらえると励みになります。
1日1回クリックをお願いします!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ranrantravel.blog33.fc2.com/tb.php/58-ccebd5c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。