世界をめぐる旅日記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキング


↑応援してもらえると励みになります。
1日1回クリックをお願いします!
2008年11月30日ー12月1日


私たちには、1日余分な日があった。息子の体調で最初に諦めたコパン遺跡、やはりどうしても行きたくなり、ここからは現地バスで移動することに。

まず、ティカル遺跡からミニバンのシャトルバスでフローレスへ行く。バスターミナルまで連れて行ってくれた。そこから客引きにリオ・デュルセと言ったら、30分後に出ると案内された。おぉ、初のチキンバス。チキンバスというのは、現地人が乗るバスのことで、ニワトリ(チキン)など家畜を平気でバスの中に入れてくるかららしい。乗り継ぎもスムーズで値段はQ90。バスは想像と違ってそんなにオンボロではないし!


DSCF8479.jpg

フローレスからリオ・デュルセに向かうことにした。リオ・デュルセは行きに通った街で良さそうな雰囲気が分かっていたのと、宿を取っていないので暗くなる前に着きたかったから。リオ・デュルセまではバスで4時間ほどの予定。時間通りに出発した。ところがバスターミナル裏を出発し、正面に出たらまた客引きで停車。30分以上して出発したものの、今度は道の真ん中で停車しなぜかトイレ掃除、その後30分くらいでいきなり昼休憩になり、ドライバー自らお店で食べだす始末。チキンバスって最悪と思ったが、翌日のバスはしっかりしていたので、はずれのバスに当たったらしい。しかも窓を開けさせてもらえず、死にそうだった。

チキンバスは、スリがいるから要注意と言われるバスだが、バスには子供連れが多く、あまりの暑さにみんなでなんとか窓を開けようと協力してみたり、息子を扇ぐようにと厚紙をわけてくれたりと、みんな親切親切。ドライバーにはうんざりだったけれど、バスの乗客みんなが一体となった、ある意味最高な時間だった。

DSCF8528.jpg

翌日のチキンバスは効率がよく、バスの中に売りに来てくれた。パイナップルが美味しかった♪ここでも周りの乗客は親切。なんだか急に旅っぽくなってきた~ 旅行者はほとんどいなくて、現地の人と交流できる。それが旅の醍醐味。

リオ・デュルセからチキムラまで乗った翌日のチキンバス、liteguaという会社のバスは、制服もあるし、時間もしっかりしているし、対応もよかった。次回があるならこの会社を選びたい。
スポンサーサイト

人気ブログランキング


↑応援してもらえると励みになります。
1日1回クリックをお願いします!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ranrantravel.blog33.fc2.com/tb.php/62-3b850e3e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
管理人の承認後に表示されます
2012/10/27(土) 15:38:41 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。