世界をめぐる旅日記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキング


↑応援してもらえると励みになります。
1日1回クリックをお願いします!
DSCF8264.jpg


朝になり、息子とわたしは留守番で、主人にひとりで両替に行ってもらって来た。そう、昨日は夜の到着で、空港で両替する場所がなかったので。
まずは、メルカド(市場)に行ってみた。地元民のこういう光景、活気があっていいものだ。


IMGP4018.jpg


お土産物もあるが、基本的に地元民が生活をするのに使う市場。中には食堂もあり、Q10で飲み物付きランチが食べられる。鶏肉のスープが美味しかった。


12月といえど、昼は暑い。しかも久々の湿気。1500mと高地なので、きっとまだマシな方なんでしょう。


IMGP4017.jpg


その後、中央広場へ。アンティグアは石畳の綺麗な街並み。昼間、中心地にいる限りは治安の悪さは全く感じられない。馬車で街を周るツアーもあるそうだ。徒歩で十分まわれる広さではある。


IMGP4029.jpg

【カテドラル】

IMGP4026.jpg

【市庁舎】

IMGP4036.jpg

【時計台】

アンティグアは、現在のグアテマラシティに移されるまで首都だったほど歴史のある街で、そのコロニアル(植民都市)ぶりが古いまま残っているため街全体が世界遺産になっている。中央広場沿いのカフェでグアテマラコーヒーを一杯。さすが本場のコーヒーは美味♪


IMGP4019.jpg

翌日のコパン、キリグアへの長旅に向け、この日は休息日にし、のんびり過ごしたが、この富士山に似たアグア火山を綺麗に見られる十字架の丘(強盗が出たことがあり、現在観光警察の無料ツアーが出ている)に行くとか、火山のすぐ近くまで行くツアー、コーヒー農園見学、織物を習う・・・等々いろいろ楽しみのある街だ。


夕飯は宿の近く、Tre Fratelliでイタリアン。オシャレで味もよい。ひとりQ80ほどと、グアテマラ的には高級?暗くなる18時頃には宿に帰宅。旅の情報ノートや日本の本がいっぱいで、宿にいるのもなかなか楽しい。

人気ブログランキング


↑応援してもらえると励みになります。
1日1回クリックをお願いします!
2008年11月26日


現在住んでいるサンディエゴからダラスを経由して、グアテマラシティへ到着したのは、20時半。飛行時間だけでみたら、6時間半のフライトなので、日本から行くことを思えばあっという間。中南米便は、治安があまり良くないのに、この夜遅くに着くのがちょっと。。。今回は赤ちゃん連れということで、かなり安全策で旅行を計画。(行き先が中米という時点で、どこが安全策かとつっこまれそうだけど^^;)グアテマラシティは治安が良くないそうなので、車で1時間の距離のアンティグアに宿を取り、空港から送迎してもらう。ペンション田代という日本人宿。海外で日本人宿は初めてだ。


宿に着いて、宿についてや、街についての説明をコト細かく親切にしてくれる。危険には一度も遭わなかったけれど、これから旅をする人のために、一応治安で注意を受けたこと、役に立ったことを書いておこうと思う。


・治安がいいとされていたアンティグアも、2008年に大統領が替わったことで治安が悪化。旅行者だけでなく現地の人の被害もあるようで、夜間の外出は控えること。
・両替は、ライフルを持った人が入口に警備で立っている銀行が一応安心。でもその後、そのお金を持ってふらふらすると跡を付けられたりするので、いったん宿に戻ること。
・もしお金を要求されたとき、お金を持っていなかったりあまりにも少ないと逆上するおそれもあるので、Q100は持ち歩くようにする。
・宿に入る前に、近くに人がいないか(つけられてないか)確認して入る。
・クレジットカードを使う場合、吸い込み式ATMだと出てこない可能性もあるので、読み込み式を使うように。
・おつりの必要な場合、おつり!と先に言って、あとで!と言われたら、じゃあ自分もあとで!と言う。そうしないと、おつりが来ない場合がある。
・値段が分かっているものに関しては、いくら?と聞かず、何Qだよね、と言う。そうしないと必ず少し上乗せして言ってくるので。


まだ見ぬアンティグアの街はいったいどんなところなんだ。これだけ聞くと、めちゃめちゃ恐ろしいところのように感じてしまう。まぁ今日のお楽しみ。

人気ブログランキング


↑応援してもらえると励みになります。
1日1回クリックをお願いします!
今回の旅は、グアテマラ、ホンジュラスでマヤ遺跡をめぐる旅。初の中米上陸だ。10ヶ月の赤ちゃん連れのため、強行突破はしない計画。まさかチキンバスなんて・・・!のはずだったが。。。


旅行行程


11月26日 サンディエゴ→ダラス→グアテマラ→アンティグア
11月27日 アンティグア観光
11月28日 アンティグア→キリグア(車5時間)
11月29日 キリグア遺跡
       キリグア→ティカル(車5時間)
       ティカル遺跡
11月30日 ティカル遺跡
       ティカル→サンタ・エレーナ→リオ・デュルセ(バス1+4時間)
12月1日  リオ・デュルセ→国境越え→コパン(バス7時間)
12月2日  コパン遺跡
       コパン→グアテマラシティ(車8時間)
12月3日  グアテマラシティ→ダラス→サンディエゴ


11月26日 サンディエゴ→ダラス→グアテマラ→アンティグア
11月27日 アンティグア観光
11月28日 アンティグア→キリグア(車5時間)
11月29日 キリグア遺跡
       キリグア→ティカル(車5時間)
       ティカル遺跡
11月30日 ティカル遺跡
       ティカル→サンタ・エレーナ→リオ・デュルセ(バス1+4時間)
12月1日  リオ・デュルセ→国境越え→コパン(バス7時間)
12月2日  コパン遺跡
       コパン→グアテマラシティ(シャトルバス6時間)
12月3日  グアテマラシティ→ダラス→サンディエゴ

人気ブログランキング


↑応援してもらえると励みになります。
1日1回クリックをお願いします!
2008年11月11日


昨日とはうって変わって、晴天。霧も晴れた~!!!
今日帰るなんて残念でしょうがない。
静かで、人も少なく、樹木の素晴らしい生命力を肌で感じられ、
人も素敵だし、ロッジも最高だし。
もし次回、があるならば、ここだけ来てもいいと思えるくらい最高。


IMGP3965.jpg


【グラント将軍の木】

この太さ!!!3番目に大きいそうだけど、シャーマン将軍よりも大きく感じる。
大きさは体積で測るらしいから、実際の大きさと感じ方は違うのかもしれない。
”アメリカのクリスマスツリー”とも呼ばれ、クリスマスにはイルミネーションが
すごいらしいが、冬にはさすがに、雪深くてなかなか行けない場所だろう。。。


IMGP3966.jpg


天を仰いで、思わずため息。立派だ~


IMGP3975.jpg


グラント将軍の木の近くには、再びトンネル。今度は、歩いて縦に通れるトンネル。


IMGP3980.jpg


屈まなくても通れる、さすがセコイアは大きい。
感動を言葉で表現するのはとても難しいが、
写真では伝えきれない・・・そんな景色が広がっていた。
ヨセミテは、正直写真通りの場所。
セコイアのすごさは、写真では到底伝えきれない。
ヨセミテのついで、ではなく、ぜひぜひ行って感じてもらいたい。


ギフトショップで、思わずジャイアントセコイアの苗を買ってしまった。
代々受け継いで、何千年後かには、大きく成長しているだろうか。

人気ブログランキング


↑応援してもらえると励みになります。
1日1回クリックをお願いします!
2008年11月10日


Oakhurstを朝出発し、今日はセコイア&キングス・キャニオンへ。
昨日感動したセコイアの木が、たくさん見られるところ。
車で2時間ほど走り、山を登っていくと、次第に霧が。。。
雪も、ヨセミテよりもずっと多かった。チェーンを準備するように、との標識あり。
持ってないけど、行けるところまではつっこんでみよう。。。
(マネしないで下さいね)


DSCF8158.jpg


visitor centerで入場料20㌦を払う。宿のチェックインは16時なのと、
今後の天気が分からないので、なるべく今日中に周ることにする。
行ってみると、道は除雪されていて、大丈夫そう。


DSCF8162.jpg


道中、こんな景色が続く。急にクリスマスになった気分^^


IMGP3894.jpg

【トンネル・ログ(Tunnel Log)】


倒れたセコイアを削って、車が通れるようにしたそうです。
木がいかに大きいか、わかりますよね。
着いたとき、貸切でした!ラッキーv^^


せっかくなので、そのちょっと奥のクレセン・ミドウ(Crescent Meadow)まで行く。
季節がよければ、散歩するには最高の場所だが、雪で真っ白。
再びトンネル・ログを通り、来た道を戻りつつ、次のポイントへ。


IMGP3922.jpg


【バットレス・ツリー(Buttress Tree)】


音もなく倒れた、とのこと。今でも静かに横たわっています。


その後、オート・ログ(Auto Log)へ。
昔、上を車が通れるようにと木を削ったらしいが、雪でちょっと分かりにくかった。
個人的には、トンネル・ログの方が面白く、感動的。


IMGP3948.jpg

【シャーマン将軍の木(General Sherman Tree)】


地球上でもっとも大きな木であると同時に、もっとも大きな生命体である。
樹齢はなんと、およそ2200年!!!スゴイとしか言いようがない。
ただ、柵があって近づけないのが残念。。。


ここセコイア国立公園には、名前の付く木がいくつかあるが、名前がない木も、立派で感動。
ドライブするだけで、物語の世界に迷い込んだような気分。


Crystal Caveは残念ながら、10月中旬で閉まったようで入れなかったが、
まぁ雪のセコイアが見られたので、よしとしよう。


DSCF8166.jpg

今晩は、公園内にあるJohn Muir Lodgeに宿泊。
80㌦弱と高くないのと、オンラインシステムがしっかりしていたことで予約。
簡易的な山小屋を想像していたら、部屋は素敵で、バスタブもある。
みんなの集まる場所には暖炉があり、暖炉を囲んでワインを飲んだり、
パズルをしたり、ゲームをしたり、思い思いに楽しんでいる。
シーズン的に人は少ないが、子供連れが多く、我が息子も、
他の家の子と遊び、楽しい時間を過ごした。


冬だからクマは冬眠中かなと思ったが、宿に入るときには、
食べ物は全て車に残さないように!と言われた。温暖化で、こんな時期にも
出るのかもしれない。それにしても、会わなくてよかった。


夕食は、1ヶ所しかないビジターセンター横のレストランに食べに行く。
宿からも車で1分くらいのところなので、便利。
スープと鱒を頼んだが、スープが最高に美味しかった♪

人気ブログランキング


↑応援してもらえると励みになります。
1日1回クリックをお願いします!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。